原価管理システム 個別原価計算、原価差額、配賦対応

HOME 概要 導入効果 画面サンプル 入出力一覧・対応機器 代理店様向け 製品履歴 会社案内

原価管理システム Across
Windows10対応 発売開始

設計・製造ソリューション展
ご来場ありがとうございました
設計・製造ソリューション展会場
今年度の会場風景



原価管理システム アクロス 動画説明
原価管理システム Across Q&A
生産管理 専門コンサルタントがアドバイス
原価管理システム Across 製品貸出
原価管理システム Across 導入方法
原価管理システム Across 紹介セミナー
原価管理システム ユーザー事例

総合生産管理 Prevision 販売管理と一本化


このサイトは
  リンクフリーです。
個別原価と会計の整合化
タブレット、スマートフォン対応

クラウドデータ対応


原価管理システム 資料請求

■対象業種 (個別受注生産を行なっている下記の業種)

産業用機械、工作機械、電子応用装置、制御盤、半導体製造装置、プラント製造、金型、試作

部品表データをエクセル又はCSV形式にて取込 部品表で毎回異なる部品はマスタ登録不要 大日程計画システム「がんすけ」
産業用機械製造,工作機械の原価管理 建設機械の原価管理業務に適合 金型,プラント他の原価管理業務に適合
原価ドリルダウン コストダウン対策が早期にできます 原価差額,配賦  製造番号間の原価振替も簡単 サクサク 快適動作
最安値 単価検索 膨大なデータから最新単価や最安値単価を検索 応研 販売大臣、弥生 弥生販売他の市販ソフトと連動 ExcelにてAcrossデータを自由に検索、抽出

原価管理システム フロー
Across(アクロス)個別受注型 原価管理システム <個別原価計算、原価差額、配賦対応>

機械/電機/電子装置製造業、個別受注生産型 製造業の生産管理業務に完全適合!
業界標準の個別受注型 原価管理システムでカストマイズが不要!

■毎回仕様の異なるものを、注文の都度設計製造している工場
■類似仕様のものを、断続的に繰り返し製造している工場
に適した個別受注型 原価管理システム(製番別)です。               単品加工業の方はこちら


原価管理システム 選択表
Across(アクロス)は
Dタイプ 個別生産型の
原価管理
システムです。
生産形態 組立生産 部品生産
大量生産 総合原価計算
中量生産 標準原価+個別原価計算
多品種少量生産 個別原価計算
個別生産 個別原価計算 Across(アクロス)は個別生産型の生産管理(原価管理)システムです。


個別受注型製造業における個別原価計算とは
原価計算の個別原価計算と、総合原価計算の2通りに大きくわかれ、個別受注型製造業においては当然、個別原価計算となります。
総合原価計算は、
  • 単純総合計算
  • 組別総合原価計算
  • 等級別原価計算
  • 工程別総合原価計算
など製品の生産形態により選択していく必要があり煩雑ですが、個別受注型製造業の個別原価計算は非常にシンプルで、単純に工事番号または製造番号毎にかかった原価を振り分ける方法になります。

しかし、予定賃率、配賦方法、原価差額処理の方法を取り決めて、個別原価の合計が会計と一致させる必要があります。
管理会計と、財務会計との間にこの原価計算が存在することにもいろんな意見が出てくる原因のひとつがあると思います。
実践上の原価計算(予定賃率利用)と経理上の原価とは
<実践上の原価計算>

昨年度実績において予定賃率を事前に決めておき、個別の工事番号(製造番号)毎に発生した材料費、外注費と社内の作業時間×予定賃率(アワーレート)と経費を合計算出して、この工事番号(製造番号)毎にいくら原価発生したのかを単純積み上げして客先から受注した金額、または実行予算と比較して、いくら儲かるのかを管理する管理会計上の原価計算を言います。

<経理上の原価計算>

工事番号(製造番号)ごとの集計以外に集計期間が必要になります。
材料費と外注費の集計方法については、単純に集計期間の合計(工事番号別)ですが、労務費については、 集計期間の工数に対して予定賃率(アワーレート)で乗算した集計値を、実際に払った給与他の費用にて再算出する必要があります。
個別受注型製造業の場合、原価算出するのに給与を支払った後に労務費、間接費を確定していると、 早くて工事が終わった1か月後しか算出できない状態となります。
それでは実運用として現場がコストダウンの意識なしに工事を進めがちになり、原価意識が徹底できません。
よって結論としては、両方を加味することが望ましいと思われます。

工事番号別(製番別)原価管理表のイメージとしては、原価差額、配賦が別項目として後で算出され原価管理表に追加されるイメージになります。
現場に対しては、この原価差額については個別原価として意識することなく日常業務を進めさせる指示をします。
次年度はこの原価差額が少なくなるようにアワーレートを取決めてください。