トップページ 概要 導入効果 画面サンプル 入出力一覧・対応機器 代理店様向け 製品履歴 会社案内
アクロス操作スピード体験

原価差額の配賦処理 (労務費差額の例)
原価差額 配賦
上期 下期

簡単な例でご紹介いたします。(昨年度実績にて、時間単価は5,000円に設定されています)

下記の表は上期に25,000,000円の労務費が原価計上しましたが、原価差額が発生したケースになります。

上期で実際原価を集計したところ、ボーナス等賃金支払いが予定より多くなったため、上期に28,000,000円の支払いとなった。
よって原価差額3,000,000円が発生した。このような場合には、上期終了時点で原価差額を配賦することができます。
(配賦期間は任意指定可能)

製番(工番) 消化時間 時間単価 金額
製番 A 2000時間 5000円 10,000,000円
製番 B 1500時間 5000円 7,500,000円
製番 C 1500時間 5000円 7,500,000円
合計 5000時間 25,000,000円

3,000,000円の原価差額が発生


配賦比率が合計消化時間に対する各製番ごとの消化時間の場合
製番(工番) 消化時間 配賦比率 配賦金額 配賦前金額 配賦後金額
製番 A 2000時間 0.4 1,200,000円 10,000,000円 11,200,000円
製番 B 1500時間 0.3 900,000円 7,500,000円 8,400,000円
製番 C 1500時間 0.3 900,000円 7,500,000円 8,400,000円
合計 5000時間 3,000,000円 25,000,000円 28,000,000円


その他配賦方法

原価比率による配賦
材料比率による配賦
外注比率による配賦
受注金額による配賦


その他様々な方法で配賦可能(お問合せください)