原価管理システム>導入事例 一覧

トップページ 概要 導入効果 画面サンプル 入出力一覧・対応機器 代理店様向け 製品履歴 会社案内


導入数 2015/6/30現在
業種 製品内容 導入数
一般機械器具製造業 金属加工機械・ボイラー・一般産業用機械・繊維機械製造業他 54
輸送用機械器具製造業 自動車・同付属品製造業、エレベータ部品、航空機部品製造など 72
電気機械器具製造業 通信機械器具・電子機器・通信機器用部品製造業、産業用電気機械器具製造業他 32
精密機械器具製造業 光学機械器具製造業、医療用機械器具製造業、計器盤・測定器・分析機器・試験機製造業など 29
金属製品製造業 暖房装置・配管工事用付属品製造業、建設・建築用金属製品製造業他 10
その他 上記分類以外 83
合計 280

ユーザー事例
神奈川県
制御盤製造 A社
新潟県
食品包装機械 B社
愛知県
大物部品加工業 C社
三重県
ディスプレイ製造装置 D社
大阪府
熱交換器・環境関連機器 E社
福岡県
半導体製造装置 F社
神奈川県
給排水処理設備 G社
石川県
自動車関連設備 H社
山形県
産業用機械 ・工作機械 I社

A社は、大手自動車メーカーのライン制御をする大型制御盤を製作している。 中国、東南アジア、ロシアなどの自動車メーカーの工場増設に伴い、売上が大幅に拡大し、資材担当が休日も取れない状況だった。 また、大型制御盤は部品点数が多く、盤組立時に部品欠品が多発していたため、資材担当がかなりの労力を使い、部品集荷させている現状であった。
全文を読む
B社は、大手食品加工メーカーにて使用される食品包装機械を製作している。 標準の機種がありシリーズ化されているが、大手食品加工メーカーでは新製品ラッシュとなり、毎回包装する内容、梱包方法が違うようになった。そのため、標準機だけで売れる時代ではなくなり、搬送方法を含めて提案を行い、設計製作を行う提案型の企業に変わっていった。
全文を読む
大物部品加工業のC社は、取引先からの複数部品セット発注方式が増えてきて、従来は部品完了次第、個々に部品を納品していたが、複数部品セット発注なので同一納期に部品を納めなくてはならなくなり、部品進捗をセット全体で管理する必要があった。 また、従来の手書き台帳では、遠隔地では確認ができないなど部品の進捗状況が掴みづらく困っていた。
全文を読む
D社は、大手の家電・電子機器などを製作しているメーカーに対して、ディスプレイを製造する装置を供給している。 液晶ディスプレイは、より薄く、より鮮明に、より低価格を実現するために絶え間ない技術革新が必要で、ディスプレイ製造装置は常に開発を行い毎回仕様の異なる一品生産となる。
全文を読む
E社は、熱交換器他、排ガス吸収装置などを設計製作している。熱交換器は標準品で出荷すること多いが、取り付け部分は客先との個別仕様の為、図面承認後、バルブ、継ぎ手などを手配しセットにして出荷している。排ガス吸収装置は、一部のユニットは共通だが8割を新規設計製作する生産形態である。
全文を読む
F社は、半導体関連設備の洗浄装置を製造している。特殊な機能をもつ洗浄装置は受注が好調で、受注の増加に伴い部品手配数が増えてきた。導入前のシステムは、創業当時からの弥生販売を使っており、発注はエクセルで行い、部品の納品後に弥生販売にて仕入入力を行っていた。弥生販売では、製番などの原価を管理するプロジェクトコードがないので、備考欄に製番を追記して入力を行っていた。
全文を読む
神奈川にあるG社は工場の給排水処理設備を設計製作している会社で、濾過装置は標準を持っているが配管については毎回異なる為、部材手配業務・現地工事業者の管理などの作業が大変だった。
更新前には同種の生産管理システムを使用しており、ハード・OSが古くなったのと、処理スピードがかなり遅くなり作業効率が落ちて来た為、システムを更新することになった。
全文を読む
石川にあるH社は自動車関連の設備製作を行っており、毎回異なる製品を客先と打ち合わせを行い設計製作している会社である。PCAの商魂・商管を導入していて、仕入管理・売上管理・在庫管理はしっかりできているが、個別の原価集計がうまくできなくて困っていた。
全文を読む
山形にあるI社は、産業用機械、工作機械を製作している。厳しい景気状況だが、競合先との差別化と、得意先に対して今以上のサービスを行うためアクロスの導入を決めた。
導入前は生産管理システムメーカー数社のデモを見たが、どれが使いやすいのがわかりづらく、なかなか決定できなかった。機能比較をしてみても当社に必要なものはどのソフトも揃っていた。よって毎日使うソフトなので、使いやすいもの、手間の掛からないものを選ぼうと思っていた。
全文を読む